磐越西線旧線 磐梯熱海〜猪苗代湖畔 後編 福島県 2004.5.19踏査


 その2では、中山宿駅を過ぎて沼上トンネル〜猪苗代湖畔駅の合流点までの区間を紹介する。
さくっと進めるかと油断していたが、まぁいつものごとくとげとげの木に悩まされることになるわけだが。


沼上トンネル 中山宿〜上戸間

 沼上トンネル付近は国道も付け替えられており、かつての国道が本線沿いに残っている。
 危険を冒さずに近づくなら、ここからがベストか?
 現在線の坑門上からも近づけるが、足場が取りづらいコンクリート斜面で微妙にくぼみはあるが、雨天時はやめた方が無難。
 旧線の分岐後に残るコンクリートの橋。
 BAKUがいるところが旧線跡で、右の手すりは保線用の人道橋のもの。
 沼上トンネルの入り口側抗門。
 中からは若干湧水がある。延長約900メートル。通り抜けようかと思ったが、入り口から10メートル程でコンクリートの蓋でふさがれていた。
 こちらは出口側。
 国道のトンネルを抜けてすぐに左に折れる未舗装の道を曲がると、旧線の切り通しの脇に出る。
 切り通しにそってこの未舗装の道は続くので、そのまま進行した。やがてこの道は沼上信号場へとたどり着く。
 切り通しの状態。う〜嫌だ(笑)
 横に道がある限り踏み込むことはないであろう。 というか、この時点ではコンクリートの法面が垂直に切り立っていて、降りたなら登れなくなるおそれがあったのでキャンセル。藪こぎをひたすらするパワーがあるなら500メートル程がんばれば、横の道路と高低差が無くなるが。もちろん進まなきゃわからない。
 沼上信号場の合流点。
 分岐方向に向かって短いレールが分岐している。
実用上全く意味のないレールなので、旧線のレールと思われるが。別に確証があるわけではない。(笑)だって少しでもレールがあったほうが、気持ち的に嬉しいよね?


小坂山トンネル〜猪苗代湖畔駅

 先ほどの道から国道に戻り、上戸駅を過ぎたら湊志田という集落があるが、その集落から、現小坂山トンネル入り口が見える。旧トンネルは新トンネルの奥側。
 空き家の民家の脇を失礼して、線路へ向かう。が、旧線跡はごらんのとおりの藪の中である。熊笹が少ないのがこの路線の救いであろうか。よくみればマニア道。いつも不思議に思うが踏み跡はあっても、同じ趣味の人とは出会ったことがない。 
 出口側は今回はパス。ちなみに完全に埋められている。この日はこの後、数カ所まわる予定。既に11時。時間はあまりない。先を急ぐ。
 臨時駅猪苗代湖畔駅である。現在線の左側が旧線である。旧線のトンネル出口は写真中央付近になる。
 構内に旧線のIビーム橋が残っている。このまま旧線跡は構内で新線と合流していく。
 ちなみにこの駅に入るなら観光期はさけた方がよいかも。臨時駅とはいえ、稼働時は駅員が配置されるようなので、入場券が必要かも?(未確認)切符売り場が設置されてる。おそらく改札あり。
 最後に、この駅の真ん前のソフトクリーム屋のおばちゃん。落としたソフトをまた盛ってくれてありがとう。ももソフト、グッドでした。でもおばちゃん盛りすぎ(笑)非常にバランス悪いっす。

END