万字線 その3 志文〜万字炭山 北海道 2006.11.12踏査

  




 しばし進むと美流渡(みると)駅跡がある。かつてレールがあった場所には、車止めがぽつんと残されている。駅舎はバスターミナルに建て替えられて(正面の白い建物)現存しない。
 この駅から北星炭礦美流渡礦専用線が分岐していただけあって、構内の跡は現在もその広さがわかる。
 専用線の跡は帰りに廻ることとして、先へとすすむこととした。











 構内跡のはじっこの方に、記念碑と踏切がふたつ。


















 廃線跡は、並行する道路にくっついたり離れたりで、思うように探索できない。
 近い場所ならこのように小さな橋台や、築堤の跡が畑の中に伸びているのだが…
















 離れてしまうと、ここどうやっていくのと言うくらい離れてしまう。
 しかも橋という橋は落とされていて、ほぼ橋台までも撤去されている。
 ここはあきらめて、遠方から眺めるだけで終了。














 ようやく道路に廃線跡が近づいてきて、かつては橋梁があった場所には当然何もない。これでもか!というくらい徹底的に撤去されていて、知らない人にはまったく橋梁の存在を感じさせる術はない。















 かと思えば、橋梁を渡ってすぐの場所にある踏切跡には、このようにケーブルが放置されていたりと、どういう基準で撤去が行われたのか要領を得ない廃線跡である。
















 踏切を渡った後は、まっすぐと万字駅へ廃線跡が伸びていく。道路は少し高度を上げて並行する。

















 万字駅の跡は、郵便局となり現存している。しかし、肝心のホームは…。裏手に廻ると…


















 こんな風に、ホームへ降りる階段が登場。この日は郵便局が休みだったので、勝手に裏に回りましたが、平日に行くときはちゃんと許可を取ってくださいね^^
















 近づきすぎたら、藪でなんの写真かわからなくなったので、少し離れてホーム跡を撮影。手つかずで残っているのはここだけであろうか。

















 さて終点の万字炭山駅跡はすぐである。すごーい坂を登って…ってオイ!なんかとんでもなく高度が違う場所に記念碑が建ってるし、それっぽい築堤らしきものもあるし。で、たまたま持ってきたガイドブックにはここが駅跡!としっかりかいてあるし…。すごーくギモンを感じながら、「ま、まさかスイッチバックあったっけ?」とBAKUに聞くと、
 「万字線、通して乗ったことがあるんだけど、ホームから駅舎まで遠かった記憶はあるけどあんまり覚えてない…」

 え〜っ!







 この橋は、今いる駅跡?の近くにあるのだが、結果から言えば、やはり万字炭山駅は奥の下に見える茶色い建物があるあたりでFAでした。

 この結論に至るまで、おらとBAKUはあぁでもないこうでもないと、スイッチバックを探し…(笑












 やっと、本物の駅跡へ(笑

 駅舎とホームが離れていたというのは間違いなくて、ずーっとむこうの柵がある辺りにホームがあった。















 駅の先には炭礦の跡。ここまで線路は引かれていて、手前に橋台も残っていたけれど写真がボツ。

 後は帰りに支線を見たが…うーん。一応アップしておく。














 美流渡駅から分岐した後は、よくわからなくて、しばらく行くとようやくそれとわかる路盤の跡が。
 でもその後はまたよくわからなくなって終了。


 ガイドブックはあんまり信用するなということを地でいった踏査でございました。





 えんど。

トップページへ
廃線メニューへ