日中線 福島県 2004.5.19踏査


 日中線は福島県喜多方市と熱塩加納村を結ぶ11.6qのローカル線であった。元々は熱塩駅と米沢を結ぶ東北縦貫鉄道として計画されたが、太平洋戦争の戦況悪化により計画は頓挫。結局は磐越西線の盲腸線のまま昭和59年に廃止された。以前から訪れたいと思っていた廃線跡であったのだが、なかなか足が向かずこの度ようやく踏査の運びとなったのだが、一部私の最も恐れていた状態になっていた…(いや、たいした事ではないのだが)


喜多方駅周辺

 喜多方駅を西に向かってでた日中線は写真の草むらの辺りから進路を北に向けていく。
 この辺りには新築の病院が開業してしまい、日中線の路盤が一部消失してしまっている。「鉄道廃線跡を歩く」に紹介されている光景とはかなり違っていた。
 そして遊歩道が始まる。これ以上は何も言うまい。(笑)私が遊歩道を毛嫌いする理由は、山形交通高畠線の頁を参照して頂きたい。途中に公園があり、車両が保存されているが、この時点で私にそれを見る気は無かったりする。(笑)


村松駅周辺

 喜多方駅から続く遊歩道ももうすぐ終わる辺り、やや広くなった場所がかつての村松駅周辺である。
 痕跡は全て破壊されてしまっていた。あらかじめリサーチをしていないと、このパターンの廃線跡は簡単にたくさんのものを見逃してしまうので要注意である。ここも場所をあらかじめ知っていなければ通り過ぎてしまうであろう。
 遊歩道が終わると、未舗装の砂利道となり、やがて県道335号線に飲み込まれて廃線跡は消失する。
 上三宮の駅跡も痕跡は残っていない。


会津加納駅周辺

 このあたりから熱塩加納村に入る。会津加納駅に向かう廃線跡。この辺りは廃線当時の痕跡がよく残されている。複数の自治体に廃線跡がまたがっていると、廃線跡に対する自治体のスタンスの違いがよく見えてくる。
 廃線跡は途中で未舗装の砂利路になって熱塩駅に向かう。


熱塩駅

 廃線当時のまま残されている熱塩駅。現在は日中線記念館として保存されている。このような保存の仕方が一番スマートでいい見本である。現在、鉄道遺構が観光資源として見直されているとのこと。(2004.5.31産経新聞朝刊大阪版より)何も考えず遊歩道にしてしまった自治体は歯ぎしりして悔しがっているだろう。
 遊歩道化するなら碓氷峠のアプトの道が好ましく思える。
 熱塩駅構内の様子。線路は無いがホームは残されている。奥には車両が静態保存されている。
 構内の途中には錆の浮く踏切が一対残されている。広い構内を持っていたが、日中線の末期はこの踏切の幅の一条のレールしか残されていなかった。
 一瞬「池」と思ったが、構造は間違いなくターンテーブルの遺構。後年池に改造されたらしい。(水を引くようになっている)昭和50年代には駅構内の空中写真でこのターンテーブルは使用が確認できない。SL時代の遺構であろう。これも目立つ遺構だが、紹介している書籍はあまり見ない。
 静態保存されているラッセル車キ100。やはり屋根付きの場所だと保存状態はかなり変わるようだ。ある本に「まさに今もここに常備…云々」と以前からここにあるため熱塩駅常備の文字が書かれていると説明されているが本当だろうか?
 日中線記念館の中には写真等が展示されている。普段は入ることができないので窓越しに撮影した。中に入りたいときは熱塩加納村の教育委員会に連絡するらしい。

 END

廃線メニューへ

トップページへ