漆沢森林軌道  その1 宮城県 2007.6.3踏査

  漆沢森林軌道、この地に我々は散々な目に遭ってきた。その記録はボツネタ百景をご覧いただければわかるのだが、そもそも今まで何の資料も持たずに行ったことが敗因である。(オイ)
 今回、東京遠征にてD氏、Y氏、T氏との恒例のテツハイひみつ会議を行い(これはあまり関係がない)、その翌日D氏より秘密地図を国土地理院から手に入れて来てもらった辺りからハナシは本格的に動き出す。いや、掲示板にCKB中毒様からの貴重な情報がもたらされた直後に、すでに宮城の林鉄マスターことSJ30氏が、情報を裏付ける数々の発見をしてきてくれていたのが大きい。その後さらに旧版地形図も揃い、いよいよ本踏査となったのは、私が東京から戻った10日後の事であった。今回注目されたのはこの軌道の終点部(あくまで地形図上の)軌道形状であった。



ご覧のように、鳴瀬川本流を跨いで180度ターンしているのだ。
では現状、この付近はどのようになっているかといえば…


地図の縮尺が違うのでアバウトだが、我々が前回「この辺が終点じゃね?」と考えた連続堰堤がある場所に重なる。
左岸側は、広い空き地になっているだけだが、対岸側へは当然道はない為まだ未踏査である。
そこで第一目標はこの場所と定め、テツハイの精鋭部隊がこの地へと集結した。
尚、ここまでの軌道跡はボツネタを参照してほしい。



 前置きが長くなってもあれなので、いきなり本題へ入ろう。
 対岸へはあっさりと渡ることができた。写真は右岸から左岸側へ向かって撮影。
 残念ながらこちらへ渡った橋梁跡等は発見できず、とりあえず山林の中に何かないかを手分けして探してみた。













 おそらく堰堤工事の時に作った道が、使うあてもなくのこっているのだが、それに沿って怪しい段がある。これは!と思ったが、すぐに途切れてしまう。どうやら軌道跡ではないらしい。

 すると全く予想していなかった場所から、それらしいものを発見との知らせ。












 それは川から5m程上の場所であった。
 川とそう高度は変わらないだろうと想像していたから、まったくノーチェック。しかし確かに平になった不自然な造形が延々と続いているのが確認できる。
 先ずは登ってみようということで、皆で上へと取り付いてみた。














 なるほど、軌道跡っぽい線が、ひたすら真っ直ぐ続いている。
 しかしそれ以上の発見もなく、この直線は地図の赤線が切れる当たりで消失。
 位置的には軌道跡と考えて間違いないであろうが、物的証拠は今回の踏査では未発見であった。













 軌道跡をUターンしていた辺りまで引き返す。
河川工事によって、川の流れ自体が改変されているため、平場は川へ向かってぷっつりと途切れていた…。

 気になるのは勾配である。ややキツイような気もこの時はしたのだが、これは数時間後にどうでもいいようなことへとなってしまう。

 そう、今回アップしたのは「その1」

ここでもう終わりだと思っていたnumako氏、どら氏は、もしかして帰り支度を考えていた?w








本当の地獄はこれからだった。
第一回 終了
第二回へ続く


トップページへ
廃線メニューへ